高収入求人にありつけるのはFP技能士?AFP?どっち?

高収入求人を目指すのに、取得しておくべき資格として、筆頭候補にされているのが、ファイナンシャルプランナーの資格です。
しかしながら、FPと一言で言っても、FP技能士と呼ばれているものもあれば、AFPやCFPなんて呼ばれるものまで存在していますね。

分からない方からしてみると、何がなんだかさっぱり分からない。
どの資格を取得すれば、一番高収入求人に近づけるのか?と思うもの。

ここでは、様々にあるFP資格の違いについて紹介します。

■FP資格の種類

高収入求人が実現できやすい資格として有名なFPですが、FP資格には種類があります。

一つがFP技能士と呼ばれている国家資格。
そしてもう1種類が民間資格であるSFPとCFPになります。

更にFP技能士資格に関しては、1級から3級までに分けられており、それぞれに難易度が違っています。
一番難易度が高いとされているのがFP資格技能士1級ということです。

合格をすれば、その後に更新などの必要はなく、一生使うことが出来る資格です。

民間資格であるAFPとCFPですが、CFPが1級FP技能士と同等レベルの難易度とされており、AFPに関しては2級FP技能士レベルとされています。

日本FP協会が実施しているFP資格ですが、こちらの場合には、有効期限があるという違いがあります。

■どちらを取得すればいいのか

国家資格か民間資格か。
まず、どちらを受験すればいいかですが、それぞれに考え方が違うものの、とにかくFPに関連する資格を取得しておきたいというのであれば、FP技能士がおすすめとされています。

また、履歴書などの資格欄に記入したいというのであれば、FP技能士2級以上の資格を取得しましょう。

■最新情報を得たいならAFP

あくまでもFP技能士の場合には、資格取得のための幅広い知識習得のみになります。
時代が変化すれば考えも違ってきますし、新しい考え方も生まれます。

その点で常に最新のFP情報を把握しておきたいという方であれば、日本FP協会から会報誌などが送られてきたり、実践で使える研修なども受けられるAFPの取得がおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ