高収入求人を目指すなら男性は資格取得は必須なのでしょうか?

高収入求人と巡り会いたい。
こういう風に思っている男性は少なくないでしょう。

女性であれば、カンパイ系のナイトワークや風俗業界など、仕事の内容は別として、短期間でガッツリと稼ぐことが出来る高収入求人は、沢山見つけることが可能です。

しかしながら、こと男性となると、それぞれの価値観の違いもありますが、なかなか高収入求人と思えるようなものは見つけることが出来ないと思っている方が多いのではないでしょうか。

ここでは、資格取得と年収アップについて紹介します。

■稼ぐためには資格が必要

男性の高収入求人を見てみると、弁護士や医師などの士師業がやはりダントツで収入が高く、他にもパイロットなどがランキングの上位を占めています。

これはどういうことかというと、誰にでも行うことが出来ない専門職であり、その職業に就くためには、専門資格の取得が義務付けられているということです。

08261045

つまり、高収入求人にありつくためには、基本的には、資格取得が必須といえます。

引合⇒高収入求人の稼げる仕事情報サイト https://www.oremichi.com/

■脱サラして大学に入り直す?

男性の場合には、高収入求人に巡り会うためには、特殊な資格が必要だということですが、大学卒業後一般の会社員として働き、一念発起して会社を辞め、大学の医学部に入り直す。

確かにアリかもしれませんが、年齢が30歳などを越えてしまっていると、現実的とはいえませんね。

まず大学受験をするのに時間が掛かりますし、よしんば受かったとしても、その後に医学部で6年間学位を修了しなければなりません。

時間ばかりではなく、コストも掛かります。
一番安価だとされている順天堂大学でも、6年間の学費の総額は、2080万円も掛かります。
学費だけでこの金額であり、それにプラスして、生活費などが掛かってきます。

そう考えると、いくら高収入求人が豊富だからといって、資格取得のために、脱サラをしてまで大学に入り直して資格を取得するという選択は現実的ではないわけです。

■コストと合格率、稼げるかを考える

そうなると、資格を取得するために掛かるコストがどのくらいなのか。
合格率はどのくらいなのか。
資格取得後には、先行投資として費やした分以上の推定年収が高い資格であるかどうかなどを考慮する必要があるのです。

合格率の高さやコスト面。
更に取得後の確実な高年収を稼げるおすすめの職業として挙げられているのが、FPと呼ばれるファイナンシャルプランナーです。

■ファイナンシャルプランナーの特徴

ファイナンシャルプランナーは学科が20パーセントから25パーセント。
実技が50パーセント程度の合格率ですから、学科試験対策さえしっかりと行っていれば、十分に合格できる資格です。

試験回数も年間に3回も用意されているため、チャンスが多いということもアドバンテージになるでしょう。
受験費用に関しても8700円と安価なものです。

合格者の平均勉強期間は3ヶ月から半年と言われていますから、そこまで難易度が高いとは言えないでしょう。

内容としては、個人の資産運用だったり、金融などに関してのアドバイザーとしての資格になります。
収入や支出。更に資産や家族構成などを情報提供してもらい、それを元にして、現在、また未来に関してライフプランを実現するための資金計画などを提案していく仕事に活かせます。

■気になるFPの年収は?

ここまで簡単に取得出来そうな資格だから、高収入求人とは無縁なのでは?と思われるかもしれませんが、保険の営業職などでFP資格を取得している方が多く、この資格の知識をフル活用し、営業成績を上げている方はかなり多いです。

成果主義ですから、個人差はありますが、300万円から1000万円といった年収が期待できると言われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ